ホームその1その2その3その4その5
ハイエンドショートウキョウ2006訪問記その5

〜ハイエンドショーで見てきたことなどを紹介しています〜

クボテック/ハニワ



 クボテックのホーンシステムです。ツイーターには見慣れたFostexのT500AUが使われています。久保社長に伺ったところ、このツイーターは高域まで良く伸びるようになったので使ったそうです。それにしても巨大で、美しいシステムです。黒いピアノ仕上げの内側に一回り小さいシステムがありますが、サーフェイサー吹きっぱなしでした。久保社長によると、顧客のオーダーで何色にでもできるそうです。フェラーリのようなイタリアンレッドのハニワなんかあったら楽しいだろうななどと想像してしまいます。ブガッテォブルーも似合うだろうなとか。



 ホーンシステムという昔からある形式ですが、クボッテックのデジタル技術によって完全にDSPで制御され、インパルス特性や低域の位相特性のズレは最小限に抑えられているそうです。低域のホーンの後ろは、バックキャビネットが全く見当たりませんが、久保社長によるとこれもDSPで補正しているから、密閉で容積がなくても全く問題ないそうです。すごい最先端のデジタル技術で武装したホーンシステムです。



 久保社長によると最近のレコードのマイキングは、マルチでミキシングも複雑なので、かえって昔のレコードの方が音がよいとの事で、むかしのアナログレコードを中心とする試聴となりました。最初にジャズのADがかかりましたが。座ったいちも真中に近かったせいか、低音から高音までとても自然でホーンくささがみじんも感じられません。ベースの音は、このショーで聴いた中でもっとも良く出ているとかんじました。ウーハーを見てみると、ベコベコ前後に動いているのが良く見えます。

 続いてVictorのフラメンコ・オーレというADが再生されました。このADはマルチマイクですが、ミキサーが良い仕事をしているため非常に音が良いそうです。拍手の音、弦のはじけ具合は最高で、低音も全く揺るぎがありません。奥行きも感じさせます。カスタネットや足でリズムをとり床を打つ様子も克明に伝わってきます。きっとパルス成分の再生に非常に秀でているのでしょう。

 イコライザーアンプにはNFが良いということでフェーズテックの製品を使っているそうです。またこのハニワというスピーカーは、感度がとてもよく120dB/m/1wだそうで、アンプは超小出力のもので十分駆動かのうだそうです。凄いスピーカーでした。



パストラルシンフォニー

 時間の関係で試聴は出来ませんでしたが、アンプとの組み合わせがトライオードと、AVフェスタの時と同じでしたので、こんかいは見るだけで良しとしました。スピーカーこ細かくみてみると村田のスーパーツイーターが搭載されていたり、ちゃんとバッフルとフレームに隙間が確認出来たりと、これがパストラルシンフォニーの秘密なのかと思いました。福田社長さんにお話をお伺いしたかったのですが、非常に忙しかったようで、いろいろ機材を運んだり、設置したりと、話し掛けるタイミングを逃してしまいました。











(平成18年10月12日)

コンサート

 生の演奏会が開かれました。極わずかに残響成分をPAで流しているようですが、音場感、音像の定位、ダイナミックレンジともにオーディオとは比べ物にならないほどすばらしいものでした。生の演奏会を体験するたびにオーディオのそれとの落差に哀しくなるのですが、やはり生を基準においてすこしでもこの感動を得られるオーディオをしていきたいと、非常に謙虚に思いました。








中村製作所

 絶縁トランスによる電源コンディショナーをつくっている中村製作所です。少し前まではブランド名をアシスタンスデザインとしていたはずですが、事実上ブランド名を通常の"NS"に戻したようです。

 今年は通常のオーディオ用のトランスの他に、楽器用の安価なトランスも見られました。係りの方に聞いたところ、中身に使われている絶縁トランスや性能は、オーディオ用も楽器用も変わりはないということなので、外観の無骨ささえ我慢できれば、楽器ようの絶縁トランスは非常にお買い得なのではないかと思いました。

 個人的には、絶縁トランスを2個内部に装備した、楽器用のトランスLive320twinが非常に気になりました。トランスが2つついていれば、アンプ部とプレーヤー部の干渉も抑えることができますし、これまでの同性能の商品に比べかなりの割安感があります。手持ちのスタックスのドライバーをグレードアップしたら、光城精機さんと中村製作所さんの商品のどちらを導入するか迷うことにします。



オーディオ用絶縁トランス




楽器用絶縁トランス





(平成18年10月17日)

ホームその1その2その3その4その5